ギターでアドリブを弾くコツまとめ

By M-dragon

■2020年3月12日(金)現在

このページでは、ギターのアドリブが弾けるようになるためのコツをまとめています。

ギターのアドリブって、なかなか弾ける人は少ないのではないでしょうか?

僕もいまだに弾けない(汗)
のですが、最近ここんとこ、ずっとYouTubeでアドリブのコツを教えて下さっているビデオを数多く見てきまして、
なるほど!

これとこれとこれを覚えて練習すれば簡単なアドリブなら弾けるんじゃないか!?

という段階まできましたので
自分のためにも、アドリブ弾きたいけど弾けない!

という方のためにもまとめて更新して行こうと思っています。

今のところ、アドリブを弾けるためには下記をマスターすれば弾けそうなイメージです。


6弦ルート・5弦ルートのコードを覚える


CAGEDシステムを覚える(説明準備中)


魔法の6音でキーを発見する


ミニコードを覚え、1弦でメロディーを弾き+コード弾き手法をマスターする。


■フレーズを大量に覚える

鈴木さんのギターアドリブ講座で学んだことは下記のとおりです。

🔷アドリブ初心者がやるべき唯一のこと
これは理論勉強でもスケール練習でもない。
それは
”アドリブで使えるフレーズを大量に覚えること”

もちろん、理論も同時に覚えた方がいいが、
理論から入ってしまうと頭でっかちになりがち。

例えば、

「このコード進行に合ったスケールは・・・」
「このコードではこの音は使えないから・・・」
「スケールのポジションを間違えないように弾かないと・・・」

このように、弾くことよりも
”頭で考えること”を優先してしまうのです。

これだといつまで経っても
アドリブの第1歩は踏み出せない。

アドリブの第1歩というのは
実際にアドリブが弾けるようになるということです。

この際、コード進行やスケールはどうでもいいです。

「Aコード一発で、Aメジャースケールだけ使って弾く」

これだけ出来れば充分です。

スケールをいっぱい知っていてもかっこ良く弾けなければ意味がない。

そこで冒頭でお話した、

”アドリブで使えるフレーズを大量に覚えること”

これがアドリブ初心者がやるべき唯一のこと。


それ

だからこそ、まず大量のフレーズを覚えて
それをぎこちなくてもいいから使って
アドリブソロを弾いてみる。

これがアドリブ上達の第1歩。


■覚えたフレーズをキーに合わせたポジションで弾いてみる
まずはパワーコードのみ弾いて慣れてから


■一時転調のところのキーを把握しておき覚えたフレーズを弾く
まずはパワーコードのみ弾いて慣れてから



M-dragon