Cubase7.5でリバーブがかかからない(コンソール画面のSendボタンがON(青色)にならない)の解決方法

Cubase7.5でリバーブがかかからない(コンソール画面のSendボタンがON(青色)にならない)の解決方法の備忘録です。

「リバーブをかける時は、楽器トラック(リバーブoffの原音)のほかにリバーブ専用のトラックを作り、その2つのトラックを同時に鳴らす」
のがセオリーという事を第32回のリバーブの講座で学びました。

リバーブ専用のトラックは、CubaseではFXトラックにあたり、それを作ってFXトラックのinsert画面でリバーブをRoomworksなどに設定すればリバーブがかけられます。

という事を過去に学んで一度設定出来てちゃんとリバーブがかけられたものの、ちょっと日にちが経ってその後やってみたら、見事にかからなくなってしまって躓いていました (^^;

過去の講座を復習してみましたが、原因が発見できず、先生に聞いてみたところ、

「FX1」という文字の左あたりにマウスを持っていくと、「センドをオン」という表示と一緒に、リンゴマークのようなボタンが出てきて、
そのボタンを押せば青くなり、センドが有効になるので、センドを有効にしたうえで、
リバーブのバランスも調節してみてください。」

と回答をいただき、やってみたらできました!

▼リンゴマークのようなボタンは下記画像の左の部分です▼
send

そういえばリバーブの講座の時にこれ、やったような気がする・・・(^^;

講座のどこかに確かに書いてあった事を思い出し、復習の仕方が甘かった事を反省しつつ、もう今度こそ確実に自分の知識にすることができました!(^o^)v

ていうか、この操作、ボタンに何も表示されてないところから手探りでポインターをあてないといけないので、Cubaseソフトの不親切部分でもあるのでは!?と思いました。

ここ、ハマってるCubase初心者の方が多いような気がするのでスタインバーグさんに表示方法を改善してほしく思いました。

最新のCubaseでは既に改善されている事を期待します。。

コメントを残す

サブコンテンツ

Count per Day

  • 605現在の記事:
  • 13502総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 3昨日の閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ